« 今日のおやつ&・・キムタクってすごいねー | トップページ | 5/26・・・・お父さんのお弁当 »

オレ様社長・真瀬(宅間孝行)さんが「スタジオパークからこんにちは」

おとうさんなんかいらなーーーいといわれて意気消沈中の真瀬(宅間孝行)さんがNHK「スタジオパークからこんにちは」に登場・・

宅間孝行さんは1970年東京生まれ、幼少の頃から目立ちたがり屋・・高校時代は、歌手を夢みていたサッカー少年だったそうです。

宅間孝行さんの素顔は??・・実は脚本家??

脚本家・サタケミキオとして、「花より男子」2005年、「花より男子2」2007年、「歌姫」2007、「スマイル」2009年、映画「花より男子ファイナル」2008年という人気作品を執筆

さらに、宅間孝行さんは「東京セレソンデラックス」という劇団も主宰

宅間孝行さんの奥さんは女優の大河内菜々子さん、菜々子さんは押しかけ女房さん。大ファンだったのだそうです

(大河内奈々子が妊娠 9月ママに)

宅間孝行さんは、実生活もオレ様社長そのもの・・

つばさ」撮影中、一番面白いのはローリーさん・・ローリーさんはよくセリフをかむんだとか。

宅間孝行さんは今も連ドラの脚本を執筆中

さらに1997年から主宰している劇団「東京セレソンデラックス」では、主宰・脚本・演出・役者と一人4役・・多忙を極めています・・が、高校時代のバンドブームに乗り、歌手を目指していたんだそうです・・歌はヘタだったとか。その頃の人気ものはローリーさん・・

高校時代からずっと一緒にやってきた友人は、音楽では食べていけないと就職、宅間孝行さんは・・役者になって有名になったらCDデビューできるかもしれない・・と考え・・・「君はスターになれる」と告知のあった俳優の養成所に入所(23歳の頃、大学中退・・スターになるには大学なんて不必要と思って)、さらに演劇は見たこともなかったにも関わらず、入所2,3ヶ月で初舞台・・そのころは、舞台、お芝居という言葉も知らず、劇に出る・・と言っていたとか。今も劇という言葉は使用中。・・1997年に劇団を立ち上げ、3年後、脚本家と演出の方がいなくなり・・けれど劇場は押さえてあるという状況の中、必要に迫られて俳優兼演出家兼脚本家になったそう・・必要に迫られたからといって・・脚本はすぐには書けません!!。劇団「東京セレソンデラックス」はじわじわと人気が上昇、今では人気劇団となっているそうです。2006年には劇団でドラマを作ることがあり、共演したのがつばさ役の多部未華子さん。多部未華子さんは、宅間孝行さんについて・・「初共演のときは苦手だなーと・・今は・・ステキで優しくて面白い人だなー」と・・

宅間孝行さんは、役者一本でいきたい・・脚本を書くのはつらいです・・スタートラインの歌手は置き忘れてきた夢

宅間孝行さんは料理も得意・・これも、貧乏な劇団時代に必要に迫られて始めたこと。激安、激うま、簡単のカレーうどんは・・・レトルトカレーに牛乳を適量加え、顆粒和風だしも適量加え、うどんにかけてねぎを散らす・・・・・美味しいらしいです\(*≧∇≦)/

|

« 今日のおやつ&・・キムタクってすごいねー | トップページ | 5/26・・・・お父さんのお弁当 »

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレ様社長・真瀬(宅間孝行)さんが「スタジオパークからこんにちは」:

« 今日のおやつ&・・キムタクってすごいねー | トップページ | 5/26・・・・お父さんのお弁当 »