グルメ・クッキング

ミシュランガイド東京08、★★★は8軒

フランスのタイヤメーカであるミシュランの出版する旅行ガイドブックミシュランガイドは、
赤い装丁で、レストラン・ホテルの格付けの権威であり、特にレストランを星印の数で評価することでミシュランをガイドブックの代名詞的な存在としていますが、

ミシュランは『ミシュランガイド東京2008』を22日に発売します。

それに先駆けて19日、星のついたレストラン名を明らかになりました。150軒がセレクトされ、三ツ星が8軒、二つ星が25軒、一つ星が117軒。

ミシュランの身分を明かさずに調査する覆面調査マンに、日本人は二人いるそうです。ともに9ヶ月前に採用して、ヨーロッパで研修を受けて、今回の調査に参加しているのだとか。プロの評論家は調査員になれないのだそうです。

累計191個の星がついた東京は「世界で最も星つきレストランの多い美食の都」(ミシュラン関係者)となったそうです。
『ミシュランガイド東京2008』では星のついたレストランのみ掲載することになり、これは他のミシュランガイドにはない特徴だとか。

初版で三ツ星は以下の8軒だそうです。
★★★神田(日本料理)
★★★カンテサンス(現代風フランス料理)
★★★小十(日本料理)
★★★ジョエル・ロブション(現代風フランス料理)
★★★すきや橋 次郎(日本料理 寿司)
★★★鮨 水谷(日本料理 寿司)
★★★濱田家(日本料理)
★★★ロオジエ(フランス料理 )
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000012-rps-soci


今年のクリスマスケーキは小ぶりで豪華、チョコ系が人気

| | コメント (0) | トラックバック (3)