北京オリンピッツク

北京オリンピックのマラソン選手が決定

昨日9日、晴天の中、女子マラソン北京オリンピック代表選考会を兼ねた 名古屋国際女子マラソンが行われ、21歳、マラソン初参加の天満屋てんまや中村友梨香 選手が優勝、北京オリンピックへの切符も手にしました。

中村友梨香選手は、兵庫県西高校出身(駅伝で有名だとか・・)、天満屋に入社後、4年目でのマラソン、初参加、初優勝となりました。

中村友梨香選手の友人の話しによると、「おっとりした女の子・・」なんだとか・・好きな食べ物は、お好み焼きとお寿司、スーパー銭湯に行くのが趣味で、好きな芸能人は小栗旬さん・・という女の子。

中村友梨香選手は一夜にして、環境が変わってしまい、びっくりしているばかりのようですが、北京オリンピック、頑張ってほしいな。
初マラソンで五輪切符を手にするのは、1992年バルセロナ五輪代表の小鴨由水(ダイハツ)選手以来の快挙となるそう。中村友梨香選手は2年前から今回の挑戦を決めていたそうです。

中村友梨香選手の所属する天満屋は中国・四国地方最大の百貨店グループだそうで、別会社も含め10店を有する百貨店であるとともにスーパーマーケット・ホテル・人材派遣業などを傘下におさめる天満屋グループの中核企業なんだそうです(東北にはなじみが薄くて・・テレビワイドショーを見ながら、天満屋って??なに??なんて話をしていたのでした)。
天満屋は、シドニー、アテネ、北京・・と3つのオリンピックで選手を出しているそうです。補欠となったで坂本直子選手(24)も天満堂です。

今日、15時から、日本陸連よる、北京五輪マラソン選手の発表記者会見が行われたのですが、事前に情報が流出して、全国に配信されてしまった・・という問題も発生したのだそうです・・

他の、北京オリンピックマラソン選手は、女子が、昨年の世界選手権大阪大会で銅メダルを獲得した土佐礼子(31)=三井住友海上=、昨年11月の東京国際を2時間21分37秒の大会新記録で制したアテネ五輪覇者、野口みずき(29)=シスメックス=、男子は昨年の世界選手権5位の尾方剛(34)と昨年の福岡国際で日本勢最高の3位になり、今回の選考会中最高の2時間7分13秒をマークした佐藤敦之(29)=ともに中国電力=、昨年の世界選手権6位で2日のびわ湖毎日で3位になった大崎悟史(31)=NTT西日本=が選ばれました。

女子は野口、土佐、中村 マラソン北京五輪代表正式決定新星・中村、4年前の夢現実に 名古屋国際女子マラソン
初マラソン中村友梨香が優勝 名古屋国際女子 高橋27位
昨年8月に右ひざ手術」高橋尚子がレース後明かす

| | コメント (0) | トラックバック (0)